[4月7日アップ]
取材・撮影 福住佐知子
4月9日~5月22日、
赤坂ACTシアターにて上演
このページの更新を
メールでお知らせ

《画像クリックで拡大》
《画像クリックで拡大》
演劇ユニット「地球ゴージャス」によるプロデュース公演第15弾となる「ZEROTOPIA(ゼロトピア)」の
囲み取材をリポート。
岸谷五朗、寺脇康文、柚希礼音、西川貴教、新田真剣佑、宮澤佐江、花澤香菜が舞台衣装で出席した。
本舞台は沈没した豪華客船から生き残った男女に待ち受ける運命が描かれる。
心に闇を抱えて生きてきた彼らに押し寄せる巨大な陰謀とは何か。
「生」という普遍的なテーマを題材に「地球ゴージャス」ならではのエンターテインメントが
繰り広げられる。
また、寺脇との関係について岸谷は「喧嘩は一度もしたことがない」ときっぱり。
寺脇が「喧嘩したら僕が負けるじゃないですか…」と冗談交じりに突っ込むと、
「そういうことじゃない。出会ってまだ2、3年の感じ。最新作が常に代表作であるという気持ちは2人とも
今も変わらない」と話し、結束の強さをアピールしていた。
新田と西川は特に意気投合している様子で、西川が
「大体一緒にいるので(稽古場でも僕ら二人は)見つけやすいですよ」と笑顔で語ると、新田も
「みんな家族。お兄ちゃんお姉ちゃんに会いに来る感覚で稽古させていただけました。幸せです」
と明かしていた。
西川は元宝塚歌劇団星組トップスターの柚希礼音(ゆずき・れおん)とダブル主演を務める。
西川は平成8年に「T.M.Revolution」としてデビューし、昨年20周年記念ツアーを終えた。
舞台や映画への出演など幅広く活動している。

https://www.chikyu-gorgeous.jp/

シネマプレイスへのお問い合わせ
・ご意見は
こちらのメールへ
これは沖電気工業の
無料ソフトを使って
このページの更新情報を
お届けするサービスです
シネマプレイスの生撮りスター情報はオリジナル写真を使用し、タイムリーな映画情報をお届けしています
次回以降は『泣き虫しょったんの奇跡』『アベンジャーズ』
『ペンギン・ハイウェイ』などを順次掲載予定です。
このページの
掲載リスト
 ZEROTOPIA
 妻よ薔薇のように
 ヴァレリアン
 娼年
 ボス・ベイビー
 15時17分、パリ行き
 坂東玉三郎 愛の讃歌
 サニー/32
 マンハント
 去年の冬、きみと別れ
 パディントン2
 監査役 野崎修平
 伊藤くんAtoE
 不能犯
 リベンジgirl
 覆面系ノイズ
 勝手にふるえてろ
 8年越しの花嫁
 鋼の錬金術師
オフィシャルサイト
岸谷と寺脇は長きにわたって
本ユニットを指揮してきたが、
今回の作・演出を務める岸谷は
「2018年ならではの作品。今のこの
時期にしかできない演劇が作れた
のではないかと思います」
と自信たっぷり。
今回「地球ゴージャス」の作品に
初参加する新田は
「15歳の頃から『地球ゴージャス』の
作品に出たいと思っていた」と明かし、
「映像に比べて舞台は経験がありません
が、とても嬉しい気持ちでいっぱい。
毎回が全力投球なので、ケガなくみんなで
最後までできれば…」と抱負を語った。
「幸せなのは最高に素晴らしいキャスト、
スタッフが毎回集まってくれること。
私も寺脇さんも本当に幸せです」
と笑顔を見せた。
そんな新田に岸谷は
「マッケンには特別な身体能力があるので
絶対舞台に出てほしいと思っていたんです。
2か月間、舞台のための発声法などを
教えてたら、ガンガン伸びてきて。
素晴らしいです。これからも舞台をやって
欲しいし、やっていくでしょうね」
とエールを送っていた。
衣装とメイクが際立った今回の取材。
真剣佑さんは、岸谷さんや寺脇さんの指導の下でどんな舞台を見せてくれるのか楽しみ。
===ライターのひとりごと===
他のページへは
ページ番号をクリック
で移動します
過去ページ38
掲載リスト
怪盗グルーのミニオン大脱走
アキラとあきら
パイレーツ・オブ・カリビアン
結婚
ジョン・ウィック2
22年目の告白
花戦さ
ローガン
破裏拳ポリマー
美女と野獣
ラストコップ
兄に愛されすぎて困ってます
リライフ
ゴースト・イン・ザ・シェル
過去ページ37
掲載リスト
ブルーハーツが聴こえる
暗黒女子
3月のライオン
アサシン クリード
きょうのキラ君
一週間フレンズ。
愚行録
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
キセキ
奪い愛、冬
世界
沈黙 -サイレンス-
バイオハザード
ローグ・ワン
マダム・フローレンス
過去ページ39
掲載リスト
探偵はBARにいる3
マイティ・ソー バトルロイヤル
ブレードランナー2049
ナラタージュ
あゝ、荒野
エルネスト
ユリゴコロ
あさひなぐ
望郷
ダンケルク
散歩する侵略者
三度目の殺人
スパイダーマン
トランスフォーマー
海辺の生と死
[4月7日アップ]

5月25日より全国公開
取材・撮影 福住佐知子
正蔵が
「この作品とかけまして、お刺身の盛り付けと解く。その心は、どちらも“ツマ”の大切さがよくわかります」
と得意ななぞかけを披露し、会場を沸かせた。
本作はリュック・ベッソンが監督と脚本を務め、
人気SFコミックを実写映画化。
西暦2740年、宇宙の平和を守る連邦捜査官
ヴァレリアンとローレリーヌが宇宙の平和を守るために
宇宙を股にかけた冒険を繰り広げる姿が描かれる。
橋爪は
「(何度も共演していて)今回は家族のチームワークができていたのでとても楽でしたし、楽しかったです」
と撮影を振り返った。
リュック・ベッソン監督の最新作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』のジャパンプレミアをリポート。
都内で行われたイベントには、ベッソン監督と日本語吹替版の声優を務めたTHE ALFEEの桜井賢、
坂崎幸之助、高見沢俊彦とお笑い芸人のゆりやんレトリィバァが舞台挨拶に出席した。

最後に松坂は
「僕がいままでに携わってきた作品の中で、これほど
入り口と出口が違う作品もなかなかなかったなと
思います。そして何よりもものすごく余韻を楽しめる
作品だと思います。舞台、映画を通してこのメンバーで
やってきて怖いものはないです。
最初は面食らうかもしれないのですが、劇場を出るとき
は軽やかな会話を繰り広げられるのではないかなと
思っています。それだけ、自信のある作品です」
と熱くアピールした。
パパ役の石田は、実生活では新米パパ。
「まだ子供が6か月なので、劇中で『おむつ!』って叫ぶときの必死感はリアルなやつです」と語り、
会場に笑いを誘った。
一方、LiLiCoは
「イーストウッド監督は、(インタビューが海外で行われる際は)
日本メディアのためにインタビュー日を一日設定してくれるほどの
日本びいき」とイーストウッド監督が日本を大好きだと明かし
「それと私のことも好きみたいで、インタビューが終わってもずっと
しゃべり続けて、(別の取材が始まっても)『ここに座ってなさい』
と言ってくれた」
とエピソードを披露して沢村をうらやましがらせた。
13人もの豪華キャスト陣の集結と、短い時間での写真撮影に大わらわ。
おひとりづつの写真を掲載したいところですが、スペースに限りがあってそうもいかず(泣)。
松坂さんの俳優としての成長ぶりに目を見張る作品になっています。
そんなムロと芳根が「怖くて感想を聞けません」と話す、声優の
大大先輩の山寺は2人の声優ぶりについて「素晴らしかったです!」
と大絶賛し、「ムロさんは今、日本一面白い俳優。うまい人は何をやっても
面白い。芳根さんからは、パパとママが大好きな必死さが伝わってきて
素晴らしかった」
とコメントして2人を喜ばせた。
ムロは山寺について、
「もうね、吹替じゃないの! 山寺さんの声は、その人そのものなの!僕らはまだ吹き替えてる。
でも山寺さんは吹き替えていない!」と山寺の完璧なアフレコを大絶賛。
イーストウッド監督作品への参加を熱望する沢村は
「(LiLiCoの)どこが良かったんでしょうね」と突っ込みながら、
話を聞くうちに「(LiLiCoは)誰よりも監督に近い存在じゃないですか? 
監督の作品に出たいので、ぜひ頼んでほしい」
とLiLiCoに口利きをお願いしていた。
坂東玉三郎 越路吹雪を歌う 特別コンサート「愛の讃歌」の都内で行われた制作発表会見をリポート。
当日は玉三郎のほかに、元宝塚歌劇団のトップスターの真琴つばさ、姿月あさと、大空ゆうひ、水夏希、
霧矢大夢、鳳稀かなめ、ミュージカルのみならずヴォーカリストとして注目を集めている海宝直人が出席した。
会見は東京・銀座のブルガリで行われ、
ブルガリの装飾品をそれぞれが身に着けていたが、
コンサート当日にも身に着けることが発表された。
玉三郎のこだわりの衣装と共に観客の目を楽しませて
くれそうだ。
白石監督が
「こうして欲しいということを、すべて真っすぐに受け入れてやってくれた」
と北原を称賛するも、共演のリリーは
「スタントのところもほとんど自分でやっていて、死ななかったから
今ここに立てている」。
ピエールも「たまたま死ななかっただけ。トム・クルーズか北原里英か
というくらい」と過酷なシーンに挑戦した北原をたたえ、撮影を振り返った。
福山をオファーしたジョン・ウー監督は
「前から注目しているアーティストで、芸術活動を通じて
世界に向けて愛や平和などポジティブで前向きな
メッセージを発信していて、人情と正義感に満ちている
矢村の人間像にピッタリだと思いました。オファーを
受けてもらえてラッキーでした」
と笑顔を見せる。
また、「古い友人である國村さんや倉田さんとも
ご一緒できて、一緒のチームを組むことができた。
皆さんはわたしの夢をかなえてくれたんです」
と満足なキャスティングであったことを明かしていた。
[2月3日アップ

取材 宮島一美
3月10より公開
岩田剛典は今作が初の単独主演で、舞台挨拶での緊張感が伝わってきた。
初心を忘れないで、これからも多方面での活躍を期待します。頑張って!
そこで松坂が
「パディントンがバイトをするなら何がいいですかね?」と尋ねると
斎藤は
「体毛は活かしたい。ぬるぬるプロレスとか。野獣VS女子プロレスラー
みたいな…」と珍回答で周りを爆笑させた。
古田が
「洗車のバイトはどうかな?」と提案すると、斎藤は
「いいですね!モップとして」と笑顔で返していた。
映画『伊藤くんAtoE』の都内で行われた完成披露試写会をレポート。
舞台挨拶にはW主演を務める岡田将生と木村文乃、共演の佐々木希、志田未来、池田エライザ、
夏帆、中村倫也、田中圭と廣木隆一監督が登壇した。
当日は岡田が木村を、田中は佐々木を、中村は志田をそれぞれエスコートして登場し、観客からは
黄色い声援が飛んだ。
クズ男役を演じた岡田さんが共演した女優陣から責められて、
ショボンと落ち込む姿が印象的でした。
俳優として演じ切ったということなので自慢してもいいと思いますよ。
最後に松坂が
「恋愛映画でほっこりするのもいいけれど、
『不能犯』でゾッとするのも悪くないと思うはず。
面しろ怖い作品です!」
と客席に向かって作品をアピールして
イベントは終了した。
《画像クリックで拡大》
『ホワイトアウト』のスタッフが本作にも参加しており、松嶋は
「カメラワークに『ホワイトアウト』を思い出させるような懐かしい
感じもして、新鮮でもありました」。
織田も
「映画を5作くらい一緒にやったスタッフだった。またこのチームで
作品が作れたら…」
と熱望していた。
本作は、MBS・TBSで放送された柚木麻子の傑作小説を原作に、容姿端麗で自意識過剰な
無神経なクズ男の伊藤(岡田)が、都合のいい女(A・佐々木)、自己防衛女(B・志田)、
愛されたい女(C・池田)、ヘビー級処女(D・夏帆)、そして落ち目の脚本家(E・木村)の5人の
女性たちの運命を狂わせる恋愛ミステリー。
[12月23日アップ]
旬の俳優陣の登壇に、客席からはキャ~!」と黄色い声がずっと飛んでいた。
白石監督も「現場は、美男美女ばかりで楽しかった」とニンマリ。
怖い映画なのに、華やかで楽しいイベントでした。
歌が大好きな少女・ニノを演じた中条は、もともと歌は苦手で
「歌は避けたい」と思っていたことを明かし、
「SNSを見ると私の歌を褒めてくれている方がたくさんいて、
大変だったけど頑張って良かったなって…」
とほっとした表情を見せる。
「地元の友達から『響け~』と劇中歌の『カナリヤ』を歌って
くれている動画が届いたんです。その友達とはカラオケとかに
行ってなかったので、『いつの間に練習したの?』と言われました」
とにっこり。
ねぎらいの手紙に大粒の涙が…
映画『勝手にふるえてろ』の舞台挨拶と記者会見をリポート。
イベントには、主演の松岡茉優、共演の渡辺大知、石橋杏奈、北村匠海、
そして大九明子監督が出席した。
===ライターのひとりごと===
自意識過剰で無神経すぎる「痛男」の伊藤誠二郎役を演じた岡田は、
「こういう今までと違う役を望んでいたので、いいタイミングでラッキー
と思っていました」とオファー時を振り返り、
「伊藤くんと出会うことで5人の女性が成長していく話でもあるので、
伊藤のクズさが過激なほど(作品は)いい方向に向くと思いました」
と作品をアピールした。

取材・ 宮島一美
2018年2月1日より 全国公開
[12月16日アップ]

取材・撮影 福住佐知子
12月23日より 全国公開
キャスト陣は、クリスマスが近いので赤や緑のクリスマスカラーを身に着けて登場。
緑のロングドレス姿の桐谷さんは三木監督から「(リアルな)クリスマスツリーだ!」と
言われたそうですが、華やかでお似合いでしたよ。
===ライターのひとりごと===
===ライターのひとりごと===
最後に岩田は
「観た方は完全に裏切られます。本当に魂を込めた作品です。
スクリーンから一瞬たりとも目を離さないでください」
と客席に向かって呼びかけた。
主人公の野崎修平役を務めた織田は
「こんなに周囲に先輩方の多い作品も久しぶり。
新人に戻った気分でした」と振り返り、さらに、
「ここまで叫んだことがないくらい精根尽き果てるまで叫んだり、
目を見開いた芝居をしました。
途中からは顔面崩壊していきますので、心して観てください」
と話して客席を笑わせた。
本作は、原作・周良貨、漫画・能田茂による人気漫画「監査役野崎修平」を連続ドラマ化。
バブル期の1990年代末が舞台。
金と権力が渦巻いた時代に、正義を貫くため奮闘する銀行員・野崎修平(織田)が、
金融界や政界の魑魅魍魎うごめく巨大な闇に立ち向かう様が描かれる。
WOWWOW「連続ドラマW 監査役 野崎修平」の第1話完成披露試写会が都内で行われ、
上映後には主演の織田裕二、共演の岸谷五朗、松嶋菜々子、古谷一行、権野元監督が
舞台挨拶に出席した。
===ライターのひとりごと===
最後に木村は「ドロドロしつつも爽やかな映画。ぜひ愛してあげてください」。
岡田は「出ているキャラクターすべてを観察していただけたらいいなと思います」
と観客にメッセージを送った。
松坂と共演シーンがなかった新田は、松坂から
「もし、宇相吹と対峙したらどうなると思う?」
と質問されると、
「僕は心を操られないと思う」ときっぱり。
松坂が「え? 自分の弱い意思に勝てる?」
と返しても、新田は
「うん」と涼やかな顔で答えて会場を沸かせていた。
その桐谷のプランに乗っかった鈴木は、
「きよ(清原)はこたつ持って来るんだよね?俺はお皿準備するよ。竹内さんはどうする?」
と仕切り始める。
突然話を振られた竹内は戸惑いながら「見守ります」。
佐津川は「ツリー飾ります」と応えた。
三木監督は「金かな。スポンサーが必要でしょ」と発言して会場の笑いを誘った。
今回、落ち目の俳優フェニックス・ブキャナン役で初参加となった斎藤は
「落ち目の俳優、斎藤工です」と役柄とかけて挨拶して会場の笑いを誘う。
《画像クリックで拡大》
背中の空いたセクシーなワンピース姿で登壇した北原里英
===ライターのひとりごと===
山田監督は
「『東京家族』を作ったときは、この4組のカップルとこんなに長く
仕事をすることになるとは想像もしていませんでした」としみじみ。
続けて
「何度も何度も同じカップルと仕事をしていて素敵なアンサンブル
が生まれてくる様が見られるのは、監督として本当に幸せなこと
でした」挨拶。
また作品については
「主婦の抱えている悩みや矛盾など、女性差別が激しいこの国で
それを念頭に入れながらこの映画を作りました」
と語った。
大きな薔薇の花束をプレゼントされるのは女性の夢ですよね。
私も好きな人からもらいたいです。
2012年に映画『東京家族』で一家を演じた俳優8人が再集結。
シリーズとなっている「家族はつらいよ」では第3作目となる。
===ライターのひとりごと===
本作は橋爪と吉行演じる周造・富子の熟年夫婦と、2人に振り回される家族の姿が描かれる。
今作ではへそくりの盗難事件をきっかけに起きた夏川扮する長男(西村)の嫁・史枝の家出騒動で
起きるドタバタが描かれる。
映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』の完成披露試写会をリポート。
舞台挨拶には平田家の家族を演じた橋爪功、吉行和子、西村まさ彦、夏川結衣、林家正蔵、
妻夫木聡、蒼井優とメガホンを取った山田洋次監督が出席した。

[3月24日アップ]
4月6日より全国公開
取材・撮影 福住佐知子
フォトセッションを早めに切り上げたベッソン監督に、カメラマンたちは大慌て。
ベッソン監督には2度ほどインタビューさせていただいた経験がある私は、
写真嫌いなのを知っていました。
この日、テーマ曲に合わせてダンスを踊るベッソン監督が見られてラッキーでした。
三浦監督は
「キャストはもちろん
スタッフさんも
本当に大変でした。
心からそう思う映画でした。
その苦労もスクリーンに
刻まれているかなと
思います」とキャストや
スタッフをねぎらった。
本作は2015年に実際に起きた国際特急列車での大規模テロを題材に、そのテロを
阻止した3人の若者の勇気ある姿が描かれる。
主演の3人はそれぞれを本人が演じており、実際の映像を交えながら展開されるなど
徹底したリアリティーが見どころになっている。
[3月3日アップ]
4月12日に東京・NHKホールにて開催、
その後、大阪など全国各地を巡る。

北原は、白石監督の『凶悪』に出演したピエール瀧とリリー・フランキー
に拉致監禁される中学教師という役どころ。
昨年2月に極寒の新潟でロケが行われており、北原は
「あまりに寒くて泣きました」と振り返る。
雪原を薄着に裸足で歩くシーンなど過酷なシーンにも体当たりで挑戦
している。
映画『マンハント』ジャパンプレミアをリポート。
舞台挨拶には、メガホンを取ったジョン・ウー監督、キャストの福山雅治、桜庭ななみ、
國村隼、倉田保昭、斎藤工、アンジェルス・ウー、池内博之、TAO、と豪華な顔ぶれが集結した。
《画像クリックで拡大》
本作は、故・高倉健さん主演で映画化された西村寿行の小説『君よ憤怒の河を渉れ』をウー監督が
再映画化。
殺人のぬれぎぬを着せられてしまった国際弁護士(チャン・ハンユー)と彼を追う腕利きの刑事(福山)が、
真相の究明に奔走する姿を描き出すアクションサスペンス。
===ライターのひとりごと===
猟奇殺人事件の容疑者で天才カメラマンの木原坂雄大を演じた
斎藤について話が及ぶと、瀧本監督は
「斎藤さんにはほとんど何も言いませんでした。最初にカメラの前に
立ったとき『あ、木原坂がここにいる』っていう感じがあって…。
この役は斎藤くん以外は考えられないくらいの適役だった」
と絶賛した。
ブラウン家の父ヘンリー役を務めた古田は
「パディントンが都会に慣れて文明を恐れなくなってね。
あと困ったのが、お父さんがふざけだした!」
とコメント。
ジョン・ウー監督作品の見どころのひとつでもある白い鳩と共演した
感想を聞かれた福山は
「撮ったテープをチェックしたりするんですけど、そのチェックしている
画面を写メしましたもん。“これは撮ろう!”と思って。
あれは嬉しかったですねえ」と告白して会場に笑いを誘った。
福山さんと白い鳩との共演シーンはスクリーンで是非チェックしてほしい。
美しいシーンになっています。
共演した岩田も
「本当に迫力満点でした。対面するシーンも多かったですし、斎藤さん
の目の奥にある闇みたいなものに何度もゾッとする経験をしました。
ずっと木原坂でいてくれたので、自分も役を演じる上ですごく助けて
いただきました」
と斎藤の圧倒的存在感を称えた。
ジュディ役の三戸は
「前作ではパディントンの悪口ばかり言っていたのに、
ジュディは2ではお姉さんに成長しているんです。
一生懸命パディントンと向き合っていてほほえましいです」
とジュディの成長ぶりを嬉しそうに語った。
またハードなアクションに挑んだ福山は
「オファーが来てすごく嬉しかったですし、夢のような話だと
思ったと同時に、アクションもほぼ未経験である僕なんかが
ウー監督の映画に本当に出ていいのか、驚きと喜びと共に、
不安の方が多かった。でも、こういうチャンスはもう一生ないなと
思ったので、ここは飛び込むしかないなと思って飛び込みましたね」
と参加を決意した経過を話した。
満員の観客の前に立った福山は
「やっとですね。一昨年に撮影したので、やっと皆さんに観て
いただけるのが嬉しく思います」と笑顔を見せる。
最後にジョン・ウー監督は、自身が敬愛する故・高倉健さんへの思い、そして子どもの頃から
観ていたという日本映画への思いからこの映画を製作したと話し、
「わたしの夢はまた日本で映画を撮ることです。その時は通訳をつけずに日本語を話したいね」
とコメントして会場から大きな拍手を浴びた。
そんな2人に瀧本監督は
「いろいろな顔を演じなければいけない、すごく難しい役。
そのときの感情に嘘があってはいけないけれど、相手を騙す必要も
ある。2人にはいろいろなことを要求しましたが、そのニュアンスを
うまく表現した芝居は見事でした」
と称賛した。
[1月7日アップ]

1月12日より 全国公開
取材・撮影 福住佐知子
野崎修平は、熱い男の役が良く似合う織田さんのまさにはまり役。
実際のバブル期にも、こんな人がいたのかなぁ・・・
田中は、A~D、4人の恋愛相談をネタにしたドラマ企画をけしかけるプロデューサー・田村伸也役。
中村は木村の後輩で、売れっ子若手脚本家・クズケンこと久住健太郎役を演じている。
===ライターのひとりごと===
劇中で伊藤に人生を振り回される「A~E」の5人の女優陣は、撮影時の感想を聞かれると、
佐々木は「振り回されて、すごく嫌な気持ちになりました」。志田も「圧迫感がすごかった」。
池田は「もう、関わりたくないです」。夏帆は「傷つきました」と容赦のない答えが続いた。
木村も「『この野郎』と思っていたよ」と伊藤くんを演じた岡田に冷視線。
岡田は
「伊藤を演じていて、カットがかかると(共演者から)『気持ち悪い』と言われました。でも、伊藤くんだ、
俺じゃない」と悲しげにつぶやき、場内を沸かせていた。
松坂のダークヒーローぶりについ共演者たちは―。
沢尻は、
「近づきにくいオーラがあって、話しかけられない。
どう接していいか分からなかった」。
芦名も
「漫画に出てくるあのままの姿で、本当に怖くて話しかけられなかった」。
間宮は、
「身長も高いので立っているだけでビックリする。存在感が異質で、
周りだけ色が出ているようだった」。
矢田も、
「豹変したビジュアルそのものが怖い。切り替わるスイッチがすごくて
圧倒された」と松坂のなり切りぶりを絶賛していた。
そんな松坂に、白石監督は
「演じるときは豹変しますから…」と俳優としての太鼓判を押していた。
そんな桐谷の美貌に、ヒロインの美輝をサポートする選挙秘書・
門脇俊也を演じた鈴木も
「桐谷さんは47着の衣装を着ているんですが、
どれも似合っていて最強です。僕が特に気に入っているのは、
商店街で着ている白のライダース姿。可愛いんです」
とメロメロの様子。
桐谷の印象を問われた三木監督は
「最初に会った時にすごく可愛いと思った。
撮影中もずっと可愛いと思っていた」とニヤニヤ。
失恋をきっかけに人生を見つめ直していくヒロインを演じた桐谷が
人生のターニングポイントについて、
「15歳の時に事務所にスカウトされたことかな。
突然電話がかかってきたのでびっくりしたし、めちゃくちゃ怪しいと思い
断ろうと思ったのですが、いつの間にか今の私になっていました(笑)。
皆さん、突然の電話には気をつけてくださいね」
と芸能界入りの秘話を語った。
《画像クリックで拡大》
前作に続いてのオファーに松坂は
「待ってました!という感じですね。前作を観たときに
2があるかも…って期待していました」
と続投を喜ぶ。
また、イーストウッド監督の大ファンだという沢村は
「僕らの世代にとってクリント・イーストウッドとショーン・コネリーは
二大巨頭なんです。好きすぎて(趣味の)粘土細工で胸像まで
作ったことがある」
とコメント。
イベント当日に作品を鑑賞したばかりの状態でトークセッションに臨んだ
沢村は興奮冷めやらぬ様子で、
「役者って仕事は何だろう?とか、演じることの意味を考えました。
主演の3人は役者としては素人だけれど、体験者。
僕らは想像して演じるけど、体験した人の強みに芝居は勝てるのか?」
など深く考えさせられた部分が多かったと話す。
取材・撮影 福住佐知子
《画像クリックで拡大》
クリント・イーストウッド監督最新作『15時17分、パリ行き』大ヒット記念イベントが都内にて行われ、
俳優の沢村一樹と映画コメンテーターのLiLiCoによるトークイベントが開催された。
ママ役を務める乙葉は
「子供が赤ちゃんの頃は10年前なので、いっぱいいっぱいで必死に
なっていたことを懐かしみながら楽しんでアフレコしました」と振り返った。
劇中で子供を寝かしつけるために歌を歌うシーンについて
「家族(夫・藤井隆)に練習を付き合ってもらいました」と明かした。
隣にいたムロは思わず「超いい家族じゃないですか!」とコメント。
===ライターのひとりごと===
過去ページ36
掲載リスト
 
過去ページ35
掲載リスト
 
過去ページ34
掲載リスト
過去ページ33
掲載リスト
過去ページ32
掲載リスト
過去ページ31
掲載リスト
過去ページ30
掲載リスト
過去ページ29
掲載リスト
過去ページ28
掲載リスト
過去ページ27
掲載リスト
過去ページ26
掲載リスト
過去ページ25
掲載リスト
過去ページ24
掲載リスト
過去ページ23
掲載リスト
過去ページ22
掲載リスト
過去ページ21
掲載リスト
過去ページ20
掲載リスト
過去ページ19
掲載リスト
過去ページ18
掲載リスト
過去ページ17
掲載リスト
過去ページ16
掲載リスト
過去ページ15
掲載リスト
過去ページ14
掲載リスト
過去ページ13
掲載リスト
過去ページ12
掲載リスト
過去ページ11
掲載リスト
過去ページ10
掲載リスト
過去ページ9
掲載リスト
過去ページ8
掲載リスト
過去ページ7
掲載リスト
過去ページ6
掲載リスト
過去ページ5
掲載リスト
過去ページ4
掲載リスト
過去ページ3
掲載リスト
過去ページ2
掲載リスト
過去ページ1
掲載リスト
そして
「僕が初めて日本に来たのは30年ほど前のこと。
日本に来るのは毎回素敵な経験です。それに、皆さんが
僕の映画を長い間応援してくれていることに心から感謝を
捧げたい」と観客に向かって呼びかる。
また
「30年後にもヨボヨボになっていても皆さんに会いに来ます」
と語りかけると、会場から大きな拍手と声援が送られた。
映画『娼年』の完成披露舞台挨拶が都内で行われ、主演の松坂桃李、共演の真飛聖、冨手麻妙、
猪塚健太、桜井ユキ、小柳友、馬渕英里何、荻野友里、佐々木心音、大谷麻衣、西岡德馬、
江波杏子と三浦大輔監督が出席した。
本作は、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良氏の同名恋愛小説を、
2016年の舞台に続いて松坂×三浦監督のタッグで映画化された。
女性専用の会員制クラブで働くことになった森中領(松坂)が、様々な女性たちと体を重ね、その欲望や
心の傷に向き合うことで自身も成長していく姿が描かれる。
[3月17日アップ]
妻夫木は
「デコボコな家族ですけど改めて絆を感じ、ホロっとさせられます」と作品について語った。
蒼井も
「こういう映画が日本にあって良かった。素晴らしい先輩に囲まれて仕事できるのは、本当に幸せ」
と笑顔でコメント。
本作についてベッソン監督は少年の頃に原作と出会ってから
映画化したいと思っていたことを明かし、
「この作品で皆さんと一緒に25世紀に行きます。そして
皆さんに宇宙飛行士になっていただければと思います」
とアピールした。
20歳の大学生・リョウ役を務めた松坂は
「本当にただキツかったですね。緊張や期待、不安が入り交じってますね」
と撮影時をしみじみと振り返る。
真飛も
「今日が何曜日か何日かわからないくらい撮影しっぱなしの日もありました」
と話す。

3月21日より全国ロードショー
取材・撮影 福住佐知子
ママ役の乙葉さんが劇中で子守唄を歌うシーンのためにお家で夫の藤井隆さんと一緒に
練習をしたというお話を聞いて、ほっこりしました。お二人の子守唄も聞いてみたかったです。
===ライターのひとりごと===
同コンサートでは、「サンライズ・サンセット」「サン・トワ・マミー」「ラストダンスは私に」「恋ごころ」など、
多数の名曲が歌われる予定で、玉三郎は
「越路さんというレジェンドをより知ってもらうために、心の入っている歌を披露したい」と語った。

取材・撮影 福住佐知子
[2月10日アップ]

2月9日より公開
取材・撮影 福住佐知子
福山の相棒役を演じた桜庭は
「まずジョン・ウー監督はすごく温かい方で、現場を
見守るような感じでした。監督のおかげで明るい現場に
なったと思います。
そして福山さんは、私が失敗をしてもいつもカバーして
くださって、『失敗しても気にしないで。思い切りやったら
大丈夫だから』って言ってくださって、その言葉にすごく
救われました」と感謝していた。
耶雲の婚約者・百合子役を務めた山本は瀧本監督の演出について
「とにかく細かくて、ある程度考えてお芝居をしても指先の動きまで
全部言われて、途中でちょっとイヤになりました」と恨み節。
それでも、「ラスト近くの車のシーンで、『今の良かったよ』と褒めて
くれたのがすごく嬉しかった」とにっこり。
さらに、撮影中に瀧本智行監督の粘り強い演出を受けた岩田は、
「暗く深く長いトンネルをずっと走っている気分で、いつ出口が
見えるのか暗中模索していた。監督が夢に出てくるくらい役に没頭
できたのは初めての経験。緊張感がありました」
とハードな描写が多く、闇を抱える難しい役に挑戦した。
そんな桜庭について福山は
「誠実にお芝居をされる方だったので、すごかったですよ。涙を流さないといけないシーンもあるんですけど、
その瞬間にガッと集中して…。感動しました」と桜庭を称賛した。
映画初主演で、泣きながらも過酷な撮影に根性を見せた北原さんはスゴイ。
NGT48を卒業した後も、女優として多くの人を楽しませてください。
===ライターのひとりごと===
最後に北原は
「誰も予想がつかない怒涛の展開が待っています。1秒も目を離さずに観てください」と作品をアピールした。
セクシー俳優としてブレイク中の斎藤さんは、普段はユーモアたっぷりの方。
自分が出演しているCMに絡めた話題や役柄に絡めた自虐コメントで会場は大爆笑。
コメディアンの素質も持っているようです。
多田友子刑事を演じた沢尻は
「今までないような役柄で、アクションにも
挑戦しました。
すごく楽しくて、このキャスト、スタッフで
この作品を作れて良かった」とにっこり。
10月29日にクランクアップしたという本作。
桐谷は
「つい1カ月前まで撮影していたので、この日を迎えられて嬉しく思って
います」と笑顔で挨拶。

歌が苦手だという中条さんだが劇中では美しい歌唱を披露。
撮影前の特訓へのねぎらいの手紙に感激して大粒の涙をぽろぽろ。
とても印象的でした。
ヨシカの親友役を務めた石橋は
「ヨシカのキャラクターに感情移入できる作品。茉優ちゃんがかわいくて
仕方がなかった」と松岡の演技を称賛した。
それを聞いていた土屋は、
「健先輩は、ちゃんとすごく笑われる方。
尚志さんの笑顔も素敵ですが、2人が合わさったら最高です」
と優しくフォローした。
自身の役作りについて土屋は、
「麻衣さんは女子力が高くて、可愛らしくてお茶目で、すごく
豪快な方。そんな部分を意識しながら演じていました」
と撮影当時を述懐した。
“鋼の錬金術師”の異名を持つ天才錬金術師のエドを演じた
山田はエドと同じく金髪に染めて登場。
山田は
「この会見のために少しでもエドに寄り添うつもりで染めて
来ました。自分のこの映画に対する思いが少しでも伝われば
いいなと」と挨拶。
さらに、最新のVFXを駆使して原作の世界が壮大なスケールで
描かれる本作への出演について
「日本映画からとんでもない作品が生まれたと思っています」
と作品をアピールし、
「僕が演じてきた役のなかで、間違いなく一番大変な役」
と最大の難役となったことも明かした。
この日、佐藤が土屋に青いバラとダイヤモンドリリーで作られた「花冠」をプレゼントする一幕があった。
佐藤は
「ダイヤモンドリリーの花言葉は『幸せな思い出』『忍耐』『箱入り娘』。土屋さんにぴったりだと思った。
お似合いです」と花言葉に込められた意味も説明した。
===ライターのひとりごと===
全編を彩る音楽も今作の大きな魅力となって
いる。劇中バンドの「inNO hurry to shout;」
(略称:イノハリ)は、MAN WITH A MISSIONが
作詞作曲を担当した楽曲「Close to me」で
メジャーデビューを果たした。
北村は自身が演じた「ニ」という役について
「残酷な役ですが、残酷さに共感してしまった自分がいた」と告白。
「出てくるキャラクターたちはみんな濃いけどリアリティを感じました。この映画は、日常的に感じてるけど
表に出せない感情の象徴のような気がしています。
普段なら思っても口にしないものをこの役で前面に押し出して、なんて自分は残酷なんだろうって…」
と話した。
本作は全世界累計発行部数7000万部を超える荒川弘の人気コミックの実写映画化。
人体錬成に失敗した兄・エドと弟・アルが、亡き母を生き返らせようと絶大な力を秘めた
賢者の石を求め旅する姿が描かれるファンタジー・アクション。
主人公エドの弟アルの声は、新人俳優・水石亜飛夢が演じている。
映画『鋼の錬金術師』の都内で行われた完成報告会見をリポート。
主演の山田涼介( Hey!Say!JUMP)、共演の本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子、
曽利文彦監督が出席した。
ニノの初恋の相手・モモを演じた小関は
「映画を観た方から『別人みたい』と
言ってもらえたのが役者として嬉しかった」
とコメント。
また音楽が大好きだという小関は
「この作品は音楽のパワーがすごい。
甘いメロディーが粒状にちりばめられている」
と作品を熱くアピールした。
渡辺は
「変わった演出やファンタジックな演出の中で、松岡さんが生き生きとリアリティあふれるお芝居を
されている。松岡茉優の魅力爆発です。男の僕でもすごく共感しました」とコメント。
佐藤と土屋の共演は『るろうに剣心』9012以来となる。
今作でモデルとなった中原尚志・麻衣夫妻と会ったことを明かした2人。
佐藤は
「尚志さんはずっとニコニコ
していて笑顔が素敵な
魅力的な方。僕は笑う芝居に
苦手意識があるので、そこが
ハードルでした」
と撮影時を振り返った。
取材・撮影 福住佐知子
公開中
主人公の宇相吹正を演じるにあたって松坂は
「楽しかったです。僕の役どころは人間の欲や業にまみれた人たちを
死に誘う立ち位置だったので『あなたもそちら側(死)に行ってしまうん
ですね』という瞬間に立ち会えると
(宇相吹の)笑みがこぼれる気持ちが
分かりました」
とダークヒーロー役に充実をにじませた。
桐谷美玲が2年ぶりに主演を務めた映画『リベンジgirl』の完成披露試写会が都内で行われ、
桐谷をはじめ共演の鈴木伸之、清原翔、竹内愛紗、佐津川愛美、メガホンをとった三木康一郎
監督が舞台挨拶に出席した。
本作は「グランドジャンプ」で連載中の同名人気漫画を映画化。
人の心を操り死に追いやる立証不能な犯罪者の主人公・宇相吹正(松坂)と、
宇相吹が唯一心を操ることが出来ない女刑事・多田友子(沢尻)の対決が描かれる。
本作は東大卒でミスキャンパス1位に輝く美貌を持ちながら究極の性格ブスである
宝石美輝(桐谷)が、大失恋をきっかけに女性初の内閣総理大臣を目指すラブストーリー。
12月9日アップ]
===ライターのひとりごと===
[1月20日アップ]
本作で単独初主演を果たしルポライターの耶雲恭介を演じた岩田は、
「完成披露舞台挨拶でこんなにも緊張する作品はほかにありません」
と挨拶。
原作を読んだときの感想を聞かれた岩田は「まんまとだまされました。
結末を知ったときには、最初から何度も読み返したくなるような作品
でした」と振り返った。
本作は、『悪と仮面のルール』など映像化が相次ぐ芥川賞作家・中村文則の同名小説を
『イキガミ』『脳男』などの瀧本智行監督が映画化したサスペンス。
新進気鋭の記者・耶雲恭介(岩田)がある猟奇殺人事件の真相を追ううちに容疑者で
天才カメラマンの木原坂雄大(斎藤工)と対峙していく姿が描かれる。

取材・撮影 福住佐知子
1月19より公開
映画『去年の冬、きみと別れ』の完成披露試写会舞台挨拶が都内で行われ、舞台挨拶に
主演の岩田剛典(EXILE /三代目 J Soul Brothers)、山本美月、瀧本智行監督、原作者の
中村文則が出席した。
この作品発表を記念して、越路吹雪が残した歌の遺産、
歌のバトンを次の世代に引き継ぐという玉三郎の熱い思いを、
真琴つばさら宝塚歌劇団のOG6人の素晴らしい歌手と共に
一夜限りのスペシャルコンサートを開催し、26名編成の
大オーケストラとともに、シャンソン、ミュージカルの名曲を
届ける。
[2月17日アップ]
2月17日より公開
(2月9日に新潟、長岡で先行公開)
最後にムロは、
「この映画は一人の男の子がお兄ちゃんになるまでの物語であり、ひとりの赤ちゃんが男として
仕事や地位や名誉ではなく、家族を選ぶ物語です」と本作についてアピールした。
最後に山田監督が
「最近の日本の映画は一般的に言って出演者の平均年齢が低くなっている気がしますが、
この映画は幅広い世代の役者が幅広い世代を演じています。多くの方に観ていただきたい」
とメッセージを伝えた。
また、リョウを買う“老女”役を演じたベテラン女優の江波は
「“老女”という役を老女が演じさせていただきました(笑)。台本を読んで濡れ場があるのには『え?』と
びっくりしました。ごめんなさいね、松坂くん」と話し笑いを誘った。
ムロは、
「芳根さんに少年の役は
どうなんだろうと思ったけれど、
すごく合っていて、やっぱり
芳根京子はまだ伸びるなと
感服しました」
と話して芳根を照れさせた。
「リョウの無気力さみたいなものの中にはちゃんと品があって、松坂さんがお持ちの雰囲気が役に
ぴったり反映されていました。本当に素晴らしかったです」(桜井)。
「寒い時期のロケだったのに、待ち時間にベンチコートを羽織ることもなく『いや、俺はいいです』って…」
(馬渕)とそれぞれが松坂のストイックな姿勢を称賛した。
松坂は照れながら「嬉しいです」とはにかんでいた。
本作は、『怪盗グルー』のユニバーサルスタジオと『シュレック』の
ドリームワークスアニメーションがタッグを組んだ、見た目は
赤ん坊だが知能は大人の“ボス・ベイビー”と、彼の兄となった
7歳の少年ティムや家族との姿を描いたホームコメディ。
主人公ボス・ベイビー役を務めるムロと兄のティム役を務める
芳根は共に吹替初挑戦となる。

大ヒット公開中
取材・撮影 福住佐知子
今回の2人のトークイベントは作品には関係無い話もたっぷり。
沢村さんのスケベの原因も聞けて、楽しいイベントとなりました。
主演を務めた北原は
「白石監督の大ファンなので、監督と凶悪コンビのおふたりと
ご一緒できるのがすごく楽しみでワクワクしました。
でも、脚本を読んでどうなるのかと思い緊張しました」とコメント。
===ライターのひとりごと===
本作は『凶悪』の監督・白石和彌と脚本・高橋泉のタッグによるオリジナル作品。
11歳だった女児が同級生を殺害した事件から14年後、24歳の中学校教師・藤井赤理(北原)が突然、
柏原(瀧)と小田(リリー)に拉致され山小屋に監禁されてしまう。
2人は14年前、「犯罪史上、最もかわいい殺人犯」と呼ばれた小学生による同級生殺害事件の犯人、
通称“サニー”の狂信的信者だった…。
4月にAKBグループを卒業する「NGT48」の北原里英の主演映画「サニー/32」の都内で行われた
完成披露試写会をリポート。
舞台挨拶には北原をはじめ、ピエール瀧、門脇麦、リリー・フランキー、白石和彌監督が出席した。
さらに家事労働の大変さを訴える本作にちなんで、
男性キャスト陣が家事への貢献度を問われた。
ベッソン監督にダンスをしながら迫り、
「アイアムジャパニーズセックスシンボル! 調子乗っちゃって!」
とギャグを飛ばしながら熱烈アピール。
ゆりやんのあまりの過激さにベッソン監督があきれ顔で
「きみは本物のエイリアンかい?」と声をかけ、会場は大爆笑だった。
橋爪は「何もしませんよ」とバッサリ。
西村は「掃除と簡単な食事は作りますと語り、
妻夫木は「掃除は任せちゃったりしますけど、
たまに料理を作ったり、皿洗いとかはします」
と家事に協力していることを明かした。
正蔵は「うちは女性が強い家庭なので、
もういいなりです。そういう人生を生きています」
と告白し、会場の笑いを誘った。
今作の中心的人物・史枝を演じた夏川は
「台本を読んで『えっ? 史枝が家出?』って(笑)。これは大変な
ことになったな、というのが正直な感想でした」
と感想を語った。
“主婦への讃歌”をテーマに家事労働の大変さが描かれている
本作で、「史枝は完ぺきなスーパー主婦だと改めて感じました。
(労働量を)お金に換算したら、すごい給料がもらえそう」
と主婦の苦労について語った。
その後、キモかわエイリアンの情報屋トリオ
“ドーガン=ダギーズ”の吹き替えで
(3人一緒での)アフレコ初挑戦となった
THE ALFEEの3人が登場。
ベッソン監督から
「君たちのアフレコは最高だ」と言われて、
メンバーたちは大喜び。
さらにベッソン監督が
「原作は29巻もあるので、もしかしたら続編も
作るかもしれない」と明かすとメンバーたちは
「ぜひ協力したい!」と続投を願っていた。
松坂は
「撮影期間中は『明日、休みにならないかなぁ』とか、『三浦さん(監督)が
風邪をひいて寝込まないかなぁ』とか思っていました(苦笑)が、三浦監督は
風邪ひいても現場にしっかり来ていたので『あぁ、ダメだ。この人は無敵だ』
と思いました」と話し、周りに笑いを誘った。
劇中の松坂は、文字通り一糸まとわぬ姿で体当たりの演技に挑んでいる。
http://kazoku-tsuraiyo.jp/
オフィシャルサイト
この日は主婦への感謝を込めて100本の薔薇が
夫(西村さん)から妻(夏川さん)にプレゼントされ、
夏川さんも蒼井さんも100本の薔薇に目を輝かせて
いた。
盛り上がったイベント終盤ではベッソン監督が吹替キャストたちに
映画貢献のお礼として、星に名前を付ける権利である“星の
ネーミングライツ”をプレゼントする場面もあった。
娼夫のリョウを“買う”役を演じた女性キャスト陣からは
「映画とともにリョウくんがものすごく変わっていったのが役者として尊敬してしまいました。
大変な撮影だったのにバナナ一本を食べているところしか見なかったです。本当に体力があるなと
思いました。松坂さんのおかげでこの作品は素晴らしいものになりました」(冨手)
映画『ボス・ベイビー』日本語吹き替え版完成報告会をリポート。
当日はボス・ベイビー役のムロツヨシ、その兄・ティム役の芳根京子、兄弟の両親であるパパ役の
石田明(NON STYLE)、ママ役の乙葉と山寺宏一が出席した。
[3月10日アップ]
作品について沢村は
「中学生に観てほしい。この映画を観るのと観ないのとでは、有事の際に対応の仕方が変わってくると
思う」と語った。
さらに、「単なるエンターテインメントではなく余韻が残る作品。いろいろと考えさせられる作品です」
と話した。
LiLiCoも「この映画は人格や人生を変えるパワーがある」と太鼓判を押していた。
玉三郎は敬愛する越路さんについて
「舞台人になるにはどういうことか、越路さんの舞台裏を見て勉強させていただいて、まねをしてきました。
舞台にかける人生ってどんなことかも学ばせていただきました」としみじみ。
続いて、歌手のリアーナが演じているダンサー・バブルの日本語
吹き替えを担当した女芸人のゆりやんが、衣装のコスプレで
登場して会場を沸かせる。
[3月31日アップ]
3月30日より全国ロードショー
取材・撮影 福住佐知子
本作を4年がかりで完成させたというベッソン監督は、
本作のテーマ曲に乗りながら陽気に登場、「コンバンワ」と
日本語で挨拶。
http://shonen-movie.com/
オフィシャルサイト
一方の芳根は
「アフレコは初めてですごく不安でしたが、皆さんに
教えてもらいながらなんとかやることが出来ました」
とコメント。
1日1ボス・ベイビーを目標に毎日アフレコの練習を
していたことを明かしていた。
http://valerian.jp/
オフィシャルサイト
真琴は
「玉三郎さんから越路さんのいろんなエピソードをお聞きしたい。
越路さんがいらっしゃったから今回の企画もあるので、尊敬の思いを
伝えるようなコンサートにしたい」とコメントした。
トークの中で沢村さんは「僕はえくぼが両方にあるんですが、そういう人はスケベらしいんですよね」と
会場に向かって話すと、LiLiCoさんは「私は片方だけにえくぼがあるのでちょっとだけスケベ」と
打ち明けた。
http://1517toparis.jp/
オフィシャルサイト
===ライターのひとりごと===
会見では、玉三郎が「愛の讃歌」を生歌で披露し報道陣を魅了。
続いて、
元宝塚歌劇団のトップスターらと共に「すみれの花咲く頃」
を歌唱した。
ボイストレーニング受講歴15年の玉三郎は
「越路さんを再現することはできないが、一つのレジェンドを
置いて楽しく歌いましょう。見られる、聴けるコンサートにしたい」
と意気込みを語った。
昨年3月29日、敬愛してやまない越路吹雪の三十七回忌追悼
特別公演に出演して越路の代表作でもあったアズナヴールの
名作「妻へ」を歌唱した玉三郎は、同年11月、歌手として本格
シャンソン・アルバム「邂逅 越路吹雪を歌う」をリリース。
舞台でずっと声が出せるようにと、15年間ヴォイス・トレーニングを続けている
という玉三郎さんの生歌を目の前で聞くことが出来て、うっとり。
玉三郎さんの美声に聞きほれました。華麗なコンサートになりそうです。
北原は「過激なシーンを撮ってる時、本当に泣いてました」と告白。
そんな北原にピエールは「主演の自覚で、言われたことをやってみせる覚悟があった」。
リリーも「座長としての根性を感じた」と褒め称えていた。
池内は
「監督が本当に優しくて、シーンの撮影が
終わるごとに僕のところに来て握手をして
くれるんです。明日も頑張ろうという気持ちに
なりました」
と感慨深げに語った。
大ファンでもあるジョン・ウー監督作品に
参加した斎藤は
「『ジャッキー・チェンの秘龍拳/少林門』
という作品を福山さんと池内さんと一緒に
観て、それにサインを頂きました」
と嬉しそうに告白した。
http://bossbaby.jp/
オフィシャルサイト
門脇は“第2のサニー”として登場するキャラクターを演じているが、
「こんなに誰にも感情移入できない映画は初めて。何回台本を読んでも理解できませんでした」と苦笑い。
ジョン・ウー監督作品だけに、豪華なキャスト陣が顔をそろえて華やかな舞台挨拶となった。
白いドレスの女性は監督の娘さん。
http://gaga.ne.jp/manhunt/
オフィシャルサイト
http://fuyu-kimi.jp
オフィシャルサイト
さらに、「僕自身『上がった』と思わなければ落ちていかないという強いマインドを手に入れました。
そもそも『上ってもいない』と戒めております」と自虐コメントで会場を笑わせた。
またお気に入りのシーンにパディントンがバイトに励むシーンをあげ、自身がバイト探しのCMを
していることもあり、「バイトを探すなら僕に聞いてほしい」とアピール。
織田と松嶋の共演は、映画『ホワイトアウト』以来17年ぶり
となる。
松嶋は銀行初の女性役員を目指す野心家の女性を
「たくましい女性。力強さが出せたら…」と熱演。
そんな松嶋に織田は
「松嶋さんにそういう経済的なイメージがなかったので
どうセリフを言うんだろうと思っていたら案外サラサラっと
やられていて、『さすがだな』って思いました」
と称賛した。
http://movie-32.jp/
オフィシャルサイト
『パディントン2』の日本語吹替版の完成披露試写会をリポート。
舞台挨拶に前作に続いてパディントンの吹き替えを務める松坂桃李、ブラウンさん役の古田新太、
ジュディ役の三戸なつめ、新キャラクターである落ち目の俳優・フェニックス・ブキャナン(ヒュー・
グラント)の吹き替えを務める斎藤工が登壇した。
[1月13日アップ]
本作は、作家マイケル・ボンド氏の名作児童文学を実写映画化。
2016年に公開された『パディントン』の続編となる。
ペルーのジャングルから憧れのロンドンへやって来た“紳士すぎるクマ”のパディントンが、
ハプニングを起こしながらもブラウン一家の一員になるまでが描かれる。

取材・撮影 福住佐知子
1月14日夜10時よりWOWWOWプライムにて
放送開始(全8話)。第1話無料放送
《画像クリックで拡大》
最後に松坂が
「心を軽くしてくれる作品なので、ぜひ
いろんなものを溜め込んだまま劇場に
来てください」と笑顔でメッセージを送った。
銀行の専務役を務めた岸谷は
「役作りには3つのポイントがありました。オールバック。
ぴかぴかのオールバックでグリースを全8話の撮影で6つも使って、メイクさんから予算オーバーだと
言いわれました」と説明して会場を笑わせた。
他の2つは(妊娠)8カ月くらいのお腹とふてぶてしさだそう。
毒舌家の脚本家・矢崎莉桜役を演じた木村は
「人をののしったりしますが、こんなに女であることを痛いと思わせてくれちゃう
作品はなかなかない。廣木監督との無言のアイコンタクトを大事に演じました」
と撮影時を振り返った。
映画『不能犯』の完成披露試写会が都内で行われ、舞台挨拶に主演の松坂桃李、
共演の沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、芦名星、矢田亜希子、白石晃士監督が出席した。
共演者たちは松坂の徹底した役作りに感心することしきりだった。
http://paddington-movie.jp
オフィシャルサイト
銀行の頭取役を務めた古谷は
「豪華なセットに負けない存在感を出すように心がけた」とコメント。
古谷は膨大なセリフ量も難なくこなし、圧倒的な存在感を見せつけている。
権野監督は本作のキャスティングについて
「それぞれあくの強いメンバーばかり。毎日濃いなって思いながらやっていました」
と振り返っていた。
クリスマスが近いこともあって理想のクリスマスデートを聞かれた
桐谷は
「ホームパーティがいい。チキンを焼いてお家も飾り付けして、
かわいいお皿を用意して…。
そのあとに『リベンジgirl』を観に行くんです!」とアピール。
美輝を振る裕雅役を演じた清原も
「僕のお気に入りは白いパーカーです」
と桐谷の着こなしを絶賛していた。
本作は「花とゆめ」連載中のコミックで、累計発行部数が170万部を超える
福山リョウコの同名マンガを実写映画化。
登場人物それぞれが“伝えられない想いを秘め、その想いを歌や音楽にのせて
相手に届けるという胸がキュンキュンする片想いだらけのラブストーリー。
映画『覆面系ノイズ』の公開記念舞台挨拶が都内で行われ、主演の中条あやみ、
共演の志尊淳、小関裕太とメガホンを取った三木康一郎監督が出席した。
イベント終盤、音楽ディレクターの北村岳士から中条に宛てたねぎらいの手紙が披露され、
中条が感激して目に涙を浮かべる場面も見られた。

松岡さんは主演ということで、ずっと出ずっぱりで大変だったのに
充実した明るい笑顔を見せていた。
ホントに笑顔が可愛い人。今後もいろんな役に挑戦してほしい。
また、共演者のディーンについて山田は
「ディーンさんって、すごくかっこいいんですよ。プライベートの話も
させていただいたんですが、出てくるエピソードが僕が経験したことの
ないエピソードばかり。アーティストとしても俳優としても、すごく
刺激になった」とコメント。
===ライターのひとりごと===
「花冠」をプレゼントされた土屋は
「幸せ者です。すごく嬉しい」とはにかんだ笑顔を見せた。
「病気のシーンでは、体重の増減、コントロールが必要だったのですが、
健先輩が常に気に掛けてくださった。本当に試合に臨むボクサーと
コーチのような気持ちでした。健先輩のおかげで頑張れました」
と佐藤のサポートに感謝。
撮影時には見えない対象を相手に芝居をすることも多く、山田は
「ただ何かと戦えばいいというわけではなくて、そこには必ず感情が
つきまとっている。気持ちで芝居をしなければいけないんだけれど、
その対象物がない。そこがすごく大変でした」
と苦労を吐露した。
「監督が『自由にやっていい、それに僕がCGを乗せるから』と言って
くれて、気持ちが楽になった」と曽利監督へ感謝の気持ちを伝えた。
最後に、大九監督が
「観終わったみなさんに『私こそヨシカだ!』と言ってもらえたら嬉しい」
と話すと、松岡が即座に
「私がヨシカです!」とアピールして、会場は温かい拍手に包まれた。
[12月2日アップ]
取材・撮影 福住佐知子
12月23日より全国公開
http://wwws.warnerbros.co.jp/hagarenmovie/index.html
オフィシャルサイト
《画像クリックで拡大》
http://ito-kun.jp
オフィシャルサイト
《画像クリックで拡大》
最後に桐谷が
「頑張る女の子の成長を描いた作品でもあります。
これを観終わった皆さんの背中を押せるような映画に
なっていたらいいな」とメッセージを送った。
また撮影を振り返って中条は、
「大変だと思うこともたくさんありましたが、みんが優しくて
温かくて…。私は歌手を目指している人ではないのに、
曲を作ってくださって、映画のためにいろんな方が動いてくださった。
優しく励ましてくださったので、ここまでこれたんだなと改めて
気づかされました」
と感謝の気持ちを伝えた。

[11月18日アップ]

取材・撮影 福住佐知子
12月1日より全国ロードショー
佐藤さんから花冠を冠らせてもらった土屋さん。白いドレスにとってもお似合い。
本当の花嫁のように可憐で可愛かった。
感動で、涙必死の作品です。ハンカチは忘れずに。
エドの幼馴染・ウィンリーを演じた本田からは「背が縮んだ?」と
言われたそうで、山田が「本番前にそんなこと言ってくる女優は
いない」と突っ込み、本田は「幼なじみ、という役どころの関係は
ピッタリでした」と笑顔をはじけさせ、劇中さながらの気の合った
やり取りを見せていた。
===ライターのひとりごと===
本作で念願の映画初主演を果たした松岡は
「私は子役からやっているので、主役でほぼ全シーンに出ているって
ことは憧れの時間でした」とにっこり。
「終わってみると、なんて贅沢(ぜいたく)な時間だろうと思いました」
と充実の笑顔で振り返った。
マスタング役を務めたディーンは
「山田くんの顔って、ずっと見ていたい」と山田のイケメンぶりを称賛。
役づくりについては
「軍人役は初めて。形から入ることが重要かと思い、元自衛官の方に
敬礼や立ち振る舞い、歩き方などいろんなところを訓練してもらいました。
あとはちょっと増量したりだとか」と説明した。
取材・撮影 福住佐知子
12月16日より全国公開
本作は、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説が原作。
突然告白してきた職場の同期と中学時代の忘れられない初恋相手との間で揺れ動く
24歳のOL・ヨシカ(松岡)の恋の行く末が描かれる。
[11月25日アップ]
佐藤は、
「この話を映画化すると聞いた時に、この役に届くような女優さんは
土屋さんしか思い浮ばなかった。土屋さんをサポートしようとする
気持ち、それが僕の役作りの全てだった。だから感謝したいのは
僕の方です」
と土屋の熱演ぶりをたたえていた。
山田について、悪役・ラスト役を妖艶に演じた松雪も
「瞳が美しい。吸い込まれちゃうみたい」とほめたたえ、
山田を照れさせた。
ニノに思いを寄せるユズを演じた志尊は周りの反応について
「海外に行っていて今まで僕の作品を全然見てくれてなかった姉が
『覆面系ノイズ』を観てくれたみたいで、『中条あやみちゃん可愛いね。
小関裕太くん、かっこいいね』と感想を言ってくれたのですが、
俺については、『あんた唇青かったね』って…」と身内からの反応に
ちょっとへこみ気味なコメントをして、会場を沸かせた。
さらに、演じたヨシカの役づくりについて
「普通の女の子を普通の物語の中で演じました。
自分ひとりで感情を上げたり下げたり高めたりが楽しかったけど、
なかなか舵切り運転が難しかったです。
報われてほしい人がたくさんいるなと思って演じました。
この普遍的な物語が世界の女の子たちに届くことを願っているし、
期待しています」
と語った。
松岡は恋に悩む不器用なヒロインを熱演。
クランクアップ会見にて
http://www.revengegirl-movie.jp
オフィシャルサイト
《画像クリックで拡大》
大九監督は
「20代の頃に閉じ込めてきた思いをぶちかますように(脚本を)書いて、3年間付き合いのある
松岡茉優なら大丈夫とプロデューサー陣を説得していった」と自信のほどをうかがわせた。
今作で松岡は『放課後ロスト』『渚の恋人たち』に続き、大九監督と3度目のタッグを組んでいる。
ヨシカに猛アタックを仕掛ける男「ニ」を渡辺、ヨシカが中学時代から
思いを寄せる「イチ」を北村が演じている。
映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の都内で行われた
完成披露試写会での舞台挨拶をリポート。
当日はW主演の、佐藤健、土屋太鳳、共演者の
薬師丸ひろ子、杉本哲太、北村一輝、浜野謙太、
中村ゆりとメガホンを取った瀬々敬久監督が登壇した。
山田さんは、この日のために髪を金髪に染めて来ました。
主演の意気込みが強く感じられました。
WEBでは写真の使用が認められていないのでご紹介できなくて残念。
===ライターのひとりごと===
「奇跡のバラ」の花言葉を持つ青いバラを客席に手渡しながら
後方の扉から大きな歓声と拍手で迎えられた佐藤は
「胸を張ってお届けできる作品になりました」と言葉に力を込めて
挨拶。
本作は、YouTubeに投稿された「8年越しの結婚式」
という動画が題材。
結婚直前に300万人に1人と言われる難病・
抗NMDA受容体脳炎で倒れた婚約者の回復を
信じ続け、婚約から8年後に結婚式を挙げた
実在の夫婦の感動の物語。
copyright 2006 value-fix all rights reserved.
http://fukumenkei-noise.jp
オフィシャルサイト
http://furuetero-movie.com/
オフィシャルサイト
《画像クリックで拡大》
《画像クリックで拡大》
《画像クリックで拡大》
《画像クリックで拡大》
《画像クリックで拡大》
《画像クリックで拡大》
http://8nengoshi.jp/
オフィシャルサイト
http://funohan.jp
オフィシャルサイト